ブログきっぷ

日帰り、出張、遠征、いろいろな旅の写真日記。

2019/12/13 台湾の遠東航空(ファーイースタン航空) 運航停止

2019年12月12日、台湾の遠東航空(Far Eastern Air Transport 以下FATと表記)が翌13日以降の全便運航停止を突如発表しました。FATから"資金難による"という文言以外の発表はないため、詳細は現地報道等を待つほかなさそうです。

www.fat.com.tw

f:id:wetheatre:20191212222839p:plain

台湾公式ウェブサイトトップページ

さて、どうしても気になってしまうのが機材の去就。12月12日まで運航していたのは以下の2種類の機材でした。

マクドネル・ダグラス MD-82

B-28021 "清華大學 高中学術列車"

MD-82はT字型尾翼と胴体後部に取り付けられたエンジンが特徴的なナローボディ機です。JALMD-90*1やユニー航空のMD-90退役後、台湾はもちろん東アジアでも数少ないDC-9系譜の現役機材でした。国内線のほか大陸路線や新潟など日本路線などの国際線でも活躍していたFATの代表的機材でした。

機齢も20年程度経過している機材ばかりのため、転用は難しそうです。台北松山空港を離陸するときの轟音と黒い排気も見納めになってしまうのでしょうか。

ATR 72

B-28088

2017年から運航を開始したFATのATR72は台湾国内線で運航されていました。ユニー航空、マンダリン航空、トランスアジア航空(当時)に続くATR72の導入となり、経年のMD-82を置き換えていたところてました。こちらはデリバリーから長くても2年程度。運が良ければ次の働き場所が見つかるかもしれません。

*1:JAS