ブログきっぷ

日帰り、出張、遠征、いろいろな旅の写真日記。

2020/09/27 ある日のJAL 元・日本エアシステム ボーイング777の思い出

かつて存在した日本エアシステム(JAS)の機材は統合先のJALに引き継がれ、ボーイング777-200を除きすべて退役済みです。デリバリー当時は黒澤明監督がデザイン監修したレインボージェットとして注目されました。

JA8978

JA8978

JA8978は1997年6月に当時の日本エアシステム(JAS)で運航を開始しました。経営統合に伴いJALへ移籍し、今ではJAL生え抜きのB777-200と何一つ変わらない内装の機材となっています。
日本の航空機の識別記号は*1当初JA@@@@(@は数字)で付番されていました。その後、数字4桁のうち下2桁にアルファベットも使えるようになり、今となっては数字4桁の"8000番台"レジ番旅客機は古豪の象徴と言っても過言ではありません。*2

kippu.hateblo.jp

JA009D

JA009D

1998年にJASが導入したB777のJA007D、008D、009D、そして010Dも経営統合JALに移籍し、今は特に区別されることなく国内線で運航されています。とはいえ20年選手であることも事実、A350による置き換えは時間の問題でしょう。

*1:registration;通称レジ番

*2:以前はJALANAの旅客機に使えるレジ番が8000番台しかなかった