ブログきっぷ

日帰り、出張、遠征、いろいろな旅の写真日記。

2020/10/12 ある日の華航 B-18007 "Boeing house livery"

B-18007はチャイナエアラインで最後に導入されたボーイング777-300ER機体がボーイング社ハウスカラーになっています。ハウスカラーとは製造元が保有する試作機等に施される塗装で、このB777チャイナエアラインでは2代目のボーイング社ハウスカラー機となります。*1*2

B-18007 Boeing company livery

機体の"China airlines"ロゴや尾翼の梅花は標準塗装機と同じです。なので厳密にいえばボーイングとのコラボレーション塗装機、となるでしょうか。

B-18007 Boeing house livery

桃園へファイナルアプローチ中のB-18007。臺灣のファン界隈では藍鯨號と呼ばれているそうです。*3

チャイナエアラインエアバスのコラボレーションはこちら。

kippu.hateblo.jp

*1:初代はボーイング747-400

*2:チャイナエアライン以外にもボーイングハウスカラー機は存在する

*3:初代ボーイング塗装のB747の愛称名を引き継いだとか